映写雑記

映画館の設備視点

ガルパン最終章3話について語りたい(ネタバレあるよ)

girls-und-panzer-finale.jp

こんにちは、初めに今回はネタバレあるので、3話を観てない人は見ない方がいいです。ネタバレ別に関係ないやって人は大丈夫です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと前にシンエヴァに続いて、ガールズ&パンツァー最終章3話が公開されました。

 

ガルパン劇場版が劇場に音響監督自ら足を運んで監修するという文化?の始まりだったと思います。そこからドマイナーだった「いろんな劇場に足を運んで劇場の違いを楽しむ」というカルチャーが多くの人に知れ渡ったと思います。

 

個人的にも色々と思い入れの深い作品でして、音も含めてたくさん勉強させていただきました。社会経験的な意味でも色々と迷惑かけたり等苦い思い出が多いですが成長させてもらいました。

最終章1話の時なんて音をスタジオで作ってるところ見せてもらっちゃったもんね!!劇場版のBD収録修正(だったと思うけど記憶があいまい)の時もスタジオお邪魔しちゃったもんね!!!音響監督にあれこれ聞いちゃったもんね!!(唐突な自慢

 

とまあ、単純に作品が好きって以上に思い入れのある作品です。その3話が公開されて少し経ったので以前からガルパンについての想いや感想など語りてぇえなあ友達いねえなぁブログにしよって思ったのでブログにします。

 

感想とか

3話の冒頭の戦闘シーンからまず今迄と音が違うなとちょっとびっくりしました。

使われているSEとかの話ではなく構成の仕方です。2話とは大きくLCRのバランスが違っているように思います。

完全にアトモスを基板に作ってきたなって感じになっていて、2話とまるっきり違うので、あれこれ作品間違えたか、、、?と思ったぐらいの感想でした。

 

知波単との戦いで2話の最後の方と同じ試合なのに全く違う。。。

あと西さんかわいい。

 

サラウンドがグワングワン回ってるのは以前からでしたが、回り方が前後左右軸ではなく立体的というかアラウンドな感じになったという印象でした。

まこさんカワイイみぽりんのしかめっ面最高だぜぇええヒャッホォオ

 

続いて私大好きクルセーダーの登場シーンではローズヒップ愛されてますねデュフフですわとテンション上がりましたが、あのクルセーダーのシーンの過剰なLFEはもうなんか定番になってますね。

 

プラウダと黒森峰のシーンはなんていうか、音的にはいつものガルパンって感じを受けました。

カチューシャスパシーバマジ尊いッス

エリカ様のシーンは本当に良き。3話で一番好きです。

 

あとあれですね、良く以前から空気を読むエンジン音的な言われ方をしていますが、3話はいつも以上に空気読んでて静かすぎてちょっと焦るところもありました。

 

そして今回トリである継続戦ですが、カンテレのミカさんのあの戦闘曲。前回から凄くアレンジが入っていて鳴らすのがどちゃくそ難しいと思います。現に私の劇場でもかなり苦戦しています。劇場版の時も難しかったけど「いくぞ」の時は単純にSEとの共存が難しかったんですよね。というか改めてあの楽器の帯域を潰さず鳴らすのかなり難しいぞ、、、

ミカさんのカンテレになりたい。

 

4話早く作ってって感じでとてもよかったです。

 

 

さて3話の感想だったんですが、ガルパンで割と個人的なトップ3に入る思い出というか、ああそいう事もあるのかと勉強になった事の一つに、台詞やSEって全部聞こえてなくても良いという場合があるという事でした。

昔、作ってるところを見学している時に

「これセリフつぶれちゃうと思うんですけどいいんですかー」

「ここはいいよー」

っていう感じのやり取りを目の当たりにしたシーンがあります。

これはガルパンに限った話ではないと思います。

 

という事はこのシーンのセリフが聞こえてしまう場合は、作った人達の意図しない音で鳴っているという事になるという事ですね。

 

その事を知ってから、このセリフは聞き取れていいのだろうかとかという悩みも増えましたが、、、

映画音響ってむずかし

 

そんなことを思い出しつつ、先日なんとなくネトフリで最終章を見直していたんですが、洋画以上に劇場を意識してしまっているせいで、家庭環境での再生が全く上手くできない作品になっていました。。。うん、ガルパンはやっぱ劇場で見るべき作品だなと思います。

 

 

 

あとちょっと手前味噌な話なのですが、3話は今回初めて私主軸で劇場の音響調整させてもらったので楽しかったです。その場に音響監督が居たかどうかの違いだけで、他のスクリーンでも手間暇かけています。

以前からもそうしてましたけど、今回はメインでフェーダー握らせてもらったってのもありいつも以上に通常上映も監修してもらったスクリーンと同じクオリティでお出ししています。

本当はあんまり気にせずどのスクリーンでも観て貰いたいですね、まあ拍がついている方が人気なのはしょうがないですね。

あと機材のスペック差はどうしようもない。。。

 

最後はなんか自分の仕事話になってしまいましたが、日本全国いろんな上映がされているガルパンなので、是非映画館で観てみてください。

割と近いところに音響監督監修の劇場があるかもしれません。

 

ではまた。

 

 

 

 

映画館の座席の選び方

こんにちは。皆さんはシンエヴァ観ましたか?25年間お疲れさまでした。

 

さて、今回はいたるところでよく話題に上がってるのを見かける、映画館の座席の選び方についてです。

 

映画館で毎週の様に映画を観ている人は、あまり思わないかもですが、たまにしか観ない人は結構、どこ選べばいいんだろうって悩んでしまうと思います。

なので、選ぶときの一つの指標になったらなと思って書いていきます。

 

映画館の座席の王道ポジション

f:id:achamiya:20210322183907j:plain

いきなりブログを書き始めたのでボールペンの雑な手書きで申し訳ないですが、劇場を上から観た図だとおもってください。横線は座席のつもりです^q^

スクリーンの文字が左に寄ってるのも大目にお願いします。

 

さて、映画館の座席選びでは映像の見え方も大事ですが、音の聴こえ方の方が一番影響するので、音の聴こえ方を中心に説明します。

 

基本的な映画館の音響は、測定用のマイクを何本か立てて、そのマイクで測定した音を元にチューニングをして決めていきます。その何本かのマイクの中に基準になるマイクがあり、そのマイクの測定位置がその劇場のベースになっています。

その基準になるマイクの位置は、いわゆる映画館業界ではドルビーポイントとか言われていたりします。

 

そのドルビーポイントなるものが、上の写真の○で囲った位置ぐらいです。

だいたい劇場の前から2/3列の中央あたりがそのポイントになっている事が多いです。

 

この測定ポイントは、結構アバウトに決めるので神経質に測って選ばなくて大丈夫です。窓口やインターネット予約の時になんとなく真ん中より2~3列ぐらい後ろな気分で選べばいいです。

マイクを立てる時も測定の都合上ちょっと中央よりずらしたりする場合もあるので、絶対的に正確にはならないのです。

 

ドルビーアトモスとかIMAXはどうなんですかね?両方とも体感ではもうちょっと前の中央よりな席が主のような気がします。

 

とりあえず初めての劇場だった場合は私はこの考えを基準に選びます。

 

座席で変わる音の聴こえ方

いつも王道のポジションが取れるとは限りませんし、なによりその人にとってのベストな席がその王道のポジションだとは限りません。

音の聴こえ方の変化によって王道のドルビーポイントよりも、別の席の方がその人にとっては良い席な可能性もあります。

 

音は空気中を伝う物理現象で、スピーカーの設置状態から壁や椅子や人体などのさまざまな影響をうけます。

 

そのため席によって音の聴こえ方は全く変わります。

なるべく均一に聞こえるように設計とチューニングをしますが、耳からスピーカーとの距離が変わったり壁からの距離が変わるので、すべての席が全く同じ音というのは不可能です。

そして、距離や箱の形、壁の影響から来る音の問題というのは音響の電気的なチューニング、つまりイコライザーでは完璧に解決できません。建築的な対策を立てないと補正が難しいです。

 

音の問題とは、その席だと聞こえない音があったり、聞こえすぎる音があったりという現象の問題です。

 

これが厄介なんですよね

こちら側からすると、いや建築の構造上それはしょうがないんじゃが・・・というのもお客様からすると「知らんがななんとかせい」って話なので。

 

とまあちょっと話がずれましたが、席によって音の聴こえ方は変わるという話です。

 

そして、その聞こえ方の変化というは劇場の形や、壁の材質なんかでも千差万別なため実際に聴かないとどう聞こえるかというのは判断し難いです。

 

よく私は映画を観ながら頭を左右に振るのですが、それは左右のバランスを観るという他に、その席だと聞こえないor聞こえすぎる音なのではというチェックも含めて頭を振ります。高域の音って数センチずれるだけで変わるのでそれだけでもチェックになります。

※他のお客様の迷惑になるので、一般鑑賞中は止めましょう。試写テスト時のお話しです。

 

このように、ちょっとした変化で音の聴こえ方はかなり変わるので、ドルビーポイントな席が取れなかったからと言って落胆せず、好みな音を探す気持ちでいろんな席を試してみてください。

悪い方向に変わる場合もありますが、良い方向に変わってる場合も凄くあります。

 

出来れば同じ映画を何度か同じ劇場で観て、好きな席を探すのも一つの楽しみなのかなと思っています。

違う映画だと何が変わったのか分からないので、同じ映画ってのがミソです。

ただ同じ映画何度も見るのってちょっとしんどいですね。。。

 

私の話ですが、キツイ音はしんどい気分だなーって思ったときは結構前の方の席でみたり、ちょっとぬくぬく?まったり観たいなって時は壁際の席を選んだりします。

細かい理由は長くなるので割愛しますが、前の方で見るとスピーカーの高音域の軸上から外れるのでちょっと音がマイルドというかきつい部分が弱くなりやすかったり、壁際は低音が溜まる現象が起きやすいので、ちょっともっさりして寝やすい音になるんですよね(個人差ありなおかつ劇場によって違いもあり)

と結構選んで観ています。

 

一概に、ここで観ればこう聴こえる!というのは言えない事ですが、席を探す楽しみもあるよという事です。

注意点としては、自分に合わなかった席や、聞こえ方の違いによってこの席良く聞こえないからダメとかネガティブな批判を人に押し付けるのはまったく映画館を理解していないただのモブになってしまうので止めましょう。全ては物理法則と好みの問題です。

聴こえる事が制作者の意図している音の場合もあれば、聴こえない事が製作者の意図している音の場合もあるのです。

 

 

ではまた。

 

 

 

 

インタビューされました。

こんにちは。

 

なんと私がはてなさんからインタビューされたのが記事になりました。

https://blog.hatenablog.com/entry/2021/03/16/170000

 

 

綺麗な私がみれるので是非見てください。

 

コロナでメールインタビューになったんですが、メールで良かったです。

ここ10年ぐらい本当に人と喋らなかったので、会話が難しい人になってしまっていて、対面だとこんなに答えられなかったと思います(笑)

 

映画「ヤクザと家族」から学ぶ映画の画面サイズ

www.yakuzatokazoku.com

こんにちは、

 

今回は、ヤクザと家族という映画を元に思ってるほど認知されていない映画の画面サイズについて少し解説していこうと思います。

 

まずヤクザと家族ですが、

舘ひろしかっこよすぎですね。こんなダンディなおじさんになりたい、、、

個人的な好みでいえば最近の邦画の中でとっても好きな映画でした。

 

そしてこの映画は特殊な演出がありまして、映画の中で画郭が演出で変化します。

その演出が面白かったので、解説しつつ映画の画郭サイズについて説明していきます。

 

画面アスペクト比

ヤクザと家族の画面アスペクト比は、フラットといって、フィルム時代でいうビスタビジョン画面アスペクト比になります。

 

画面アスペクト比とはなんぞやって思うと思います。

画面アスペクト比とは縦横の長さの比率の事をアスペクト比と言い、

この映像は「横:縦」の比率で作られてますよーっていう仕様の事です。

 

先述したフラットとは1.85:1という横縦の比率になります。

スクリーンの大きさがどんな小さくても、どんな大きくてもこの横と縦の比率で映像が映し出されます。

めちゃくちゃ簡単に具体例をだすと、横が1.85mのスクリーンだったら縦は1mの映像になるよって事です。横が2倍の3.7mになったら縦は2mの映像になります。

 

よくテレビとかで16:9という数字を見ると思うのですが、それと同じ理屈です。

テレビが大きかろうと小さかろうと、テレビ番組はこの画面で映し出されるので、どんな環境でも同じ映像を観る事ができます。

ちなみにテレビの16:9を映画の分化に当てはめると1.78:1となります。

 

この画面アスペクト比は結構いっぱい種類があったりIMAX等は特殊なアスペクト比を使っていたりしますが、映画の代表的なアスペクト比は3つあります。

この3つを覚えておきIMAXとかは特殊だよって覚えておけばほぼほぼ網羅できます。

 

1、フラットサイズ(ビスタサイズ)1.85:1

2、スコープサイズシネスコサイズ)2.39(2.35):1

3、スタンダードサイズ 1.33:1

 

の3つが映画でメジャーに使われている画面アスペクト比になります。

 ただ3のスタンダードサイズは、白黒映画の時代などがメインのアスペクト比で、今は故意的な演出でなければ使われません。

2011年にアーティストという映画がありました。これはデジタル上映だったのですが、フラットサイズの中にスタンダードサイズの画を映すという仕様でした。

 

現行の映画では殆どが、フラットサイズかスコープサイズです。

 

ヤクザと家族の画面アスペクト比

先述したとおり、ヤクザと家族の画面アスペクト比はフラットサイズになります。

これはデータ上のプロジェクターのレンズはフラットサイズのレンズを選んでねという事です。

しかし、ヤクザと家族の画面は最初のうちはフラットの中にスコープサイズを映すという形になっています。

 

え、どいうこと?

 

ってなると思います。

普通のビスタサイズの画面をこちらとします。(アスペクト比はそれっぽいだけで正確ではない)

f:id:achamiya:20210222200555p:plain

この白い部分が本来のフラットサイズのスクリーン画面だとします。

 

ヤクザと家族の前半は次の様に映っています。

 

f:id:achamiya:20210222200551p:plain

赤い部分が黒味の帯となっていて、本来のフラットより上下が狭い画郭になっています。

 

映画を家で良く観る人であれば、なぜか上下に黒い帯が出るタイプの映画があるというのを観た事があると思いますが、それと同じ状態です。

 

ヤクザと家族の映像として使われているアスペクト比を測ってみたらだいたい綺麗にスコープでした。

 

何故この状態になるかというと、スコープはフラットより横長のアスペクトなので、映像全体を映すには、左右の辺で合わせるため自然と上下は画面内になってしまうためです。

 

いろんな映画館に通ってる人だとここで、あれでもこれよく見た事あるぞって思った人。

そう、IMAXやTCXといったラージスクリーンフォーマットと言われる、壁一面の映画館であると、常にスコープサイズの作品はこのように映し出されます。

 

一時よく言われていた縮むㇱネスコ(スコープ)という原因です。

昔からスコープサイズはフラットより大画面!という印象が強いアスペクト比なのですが、最近はラージスクリーンでは逆に小さくなってしまっています。

 

この演出のデメリットになるのですが、ラージスクリーンの映画館でヤクザと家族をみるといつものスコープサイズで観れるのですが、ラージスクリーン以外の映画館だと、フラットサイズの方が基本的に画面が小さくなっているので、めちゃくちゃ画面が小さく見えてしまいます。

制作の人たちがどっちを見据えて作ったのかは分かりませんが、好みがはっきりする演出ですね。

 

そして後半はこのような画郭になります。

f:id:achamiya:20210222200532p:plain

 

 左右が切れる画郭に変化します。

このアスペクト比はなんなのかちょっと私の方では分からなかったのですが、16:9に近い感じです。もうちょい狭いので、たぶんアナログ地上波時代ぐらいのテレビサイズぐらいだと思います。

 

心情とか情景描写の違いを画郭で表現していると思うとても面白い構成です。

 

映画作品だとよくアスペクト比を故意的に使う演出を行うものがあります。

映画のアスペクトサイズに関しては頭に入れておいて損はないと思います。

 

このブログで紹介した3つのサイズ以外にもかなりの数のアスペクトサイズがあり監督のコダワリで色々使われています。

演出を楽しむ一つの要素として是非覚えて貰えればと思います。

 

ではまた

 

 

映画「ジャズ喫茶ベイシー」はカッコいい

www.uplink.co.jp

こんにちは、

 

今日は、がっつりお手伝いさせてもらった映画「ジャズ喫茶ベイシー」を書いていこうと思います。

 

映画といっても岩手にあるジャズ喫茶であるBASIEのドキュメンタリーですね。

ただこの映画、星野監督やスタッフの方々のコダワリが凄いんです。

 

監督のコダワリを感じる作品

音響調整するにあたって、監督から先にイメージを頂いたので、それを元にベイシーを想像して創造するというのが今回の私のコンセプトでした。

 

本来であればベイシーに行って音を覚えてくるつもりだったのですが、緊急事態宣言とかぶってしまい叶いませんでした。ただJBLは馴染みのあるメーカーなので、あの年代のJBLは多分こんな音ではというのを考えました。

せめてD130のユニットの音でも聞いておくかと思ったのですがちょっと用意が間に合わなかったです。

 

と色々考えていたんですが、実際に音を聴いたら

 

めっちゃ音良いな?

 

これが第一声でした。このままで良いのでは…と思ったぐらい。

あと音もですが、絵も綺麗です。

しっかり映写できている劇場であればかなりびっくりできる画質だとおもいます。

画の構図も音と一緒でとっても「カッコイイ」です。

 

画と音の両方がかみあって、ベイシーをしらない私でもベイシーにいる気分になりました。

 

ベイシーのコダワリを感じる

監督のコダワリの中にベイシーへのコダワリと、音と画を通してベイシーのマスターである菅原さんのコダワリを感じます。

というか菅原さん自体がとってもカッコイイおじさんで、こんなおじさんになりたいって思う方ですね。

 

サラウンドの使い方や、演出に監督のベイシーへの愛まで感じました。

 

なので、私もそれを映画館として出来る限りお客さんに届けてぇなぁという想いが強くなり、携わらせてもらってとっても嬉しかったです。拘ってる物って製作陣以外の人にもポジティブな気持ちにさせてくれるのでとても好きです。

 

というかドキュメンタリーのベイシーでここまで音と画を綺麗にできるなら、普通の邦画ももっと頑張れるのでは。。。いや、最近少しずつクオリティ上がって来てますが、世界基準で考えるとちょっと速度が遅いんですよね、、、

 

ぜひ劇場で観て欲しい

今回、星野監督とは間接的なやり取りだけで、音響調整は仕込む→別日に監督さんたちに観てもらい修正点を貰う→修正するを私のスケジュールがつかず、別々で行ったので直接お会いすることはできませんでしたが、この作品に携わらせてもらってありがとうございましたと言いたかった、、、

 

公開館数は少ないですが、私の映画館に限らず、是非ジャズ喫茶ベイシーを劇場で見て貰えると嬉しいですね。何処の映画館でもきっと素晴らしいクオリティで観れると思います。

 

羅小黒戦記がすごい。

luoxiaohei-movie.com

こんにちは、また緊急事態宣言などが発令?されてしまいましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

さて、

ロシャオの吹き替え終わったらロシャオのブログ書くよって言ってたら、好評なため期間が延長し、いつまでたってもブログが書けずにいました。もういいや!と思ってブログにします。

 

私の所では、ファーストランではなく遅れての上映だったので、ロシャオ自体を観たのも去年の終わりごろで、ロシャオの仕込みをした時でした。

 

初見で観たときは、ボロボロ泣いてしまいました。

ベターだけどあれはずるいって、、、

そして中国アニメのクオリティが侮れない。数年後には日本のアニメ業界は抜かれてしまうのでは?と思うほどに凄かったです。

 

中国語オリジナルの日本語字幕版も上映しているのですが、そっちはあまり関わっていないので、今回は触れません。

 

吹替えを観たときの印象は、とにかくマットな印象でした。

色の塗り方や色使いの関係もあると思うのですが、音もマットな印象。

 

私のいる映画館はちょっとライブ、つまり残響感がある箱の設計で、不必要なリバーブ感を感じたので、たぶんスタジオだとこんな音だったのでは!と思いながらその差を修正していきました。ただその劇場の良さを残しつつ殺さずと、この辺は感覚なので言語化ができず、上手く説明できないのですが。

 

その過程で、ちょっと日本アニメ特有の男性の声より女性の声が大きく聞こえちゃう現象をなんとかできないかなと、考えてた方法を試してみました。

 

女性の声が大きく聞こえてしまう現象は、人間の耳の特性上しょうがないのですが、スタジオではあまりその差を感じないので、単純に再生環境の箱の大きさの差だと思っています。

 

そんな事を盛り込みつつ、日本語吹き替えを担当した岩浪さんにも監修してもらってOKをもらったので、まあ間違ってないはず。

 

 

後学のために字幕版も観たのですが、とても勉強になりました。。。つかオリジナルはそんなにマットな感じじゃなかったな?

 

今回は、ちょっと個人的メモみたいなニュアンスもあるので、解説要素は少な目ですすみません。

ではまた。

 

 

田舎の映写スタッフが選ぶ2020年映画

こんにちは、まあいろんな流行りというか流れに乗っかって私も今年の映画を振り返って、個人的ベストムービーをいくつか選ぼうかなと思います。

今回は、映写視点とかじゃなくて、単純に私が好きな映画を選んでます。

なので理論的ではなく凄く気持ちで書いているので語彙力はありません。

 

 

 

フォードVSフェラーリ

www.foxmovies-jp.com

以前、ブログでも書きましたが、フォードVSフェラーリです。

車好きとしてはこの映画は神映画の一つですね。ハイ。いやーもう凄くよかった。

僕もストップウォッチ盗んできます。男の子の好きが詰め込みまくられてる映画ですね。あーもう好きっ!フォードGT40とフェラーリのエンジンサウンドはえっちっちーのよいよいよいですね。

 

ミッドサマー

www.phantom-film.com

公開時に話題になりましたね。ミッドサマー。

熊さんキャンプファイヤー!!

是非カップルとかデートで観て欲しい最高のラブロマンス映画です。終わった後の感想トークで盛り上がる事間違いなしですね。お互いの距離も短くなります。いやもうほんとリア充映画。すごくよかった!※感想には個人差があります。

 

初恋

hatsukoi-movie.jp

窪田くんが好きなんです。

こいうギャグが入っているバイオレンスノリが凄く好きなんですよね。

あとクズしかいない感じで良いです。染谷君のキャラがドツボです。

シリアスなのにギャグっぽい雰囲気。ベッキーにぼこぼこにされた人はご褒美では?

 

悪人伝

klockworx-asia.comマ・ドンソクも好きなんですよ。

ガムテープデスマッチから好きです。

韓国映画ってこいう黒いというかこいうシリアスな内容とっても上手いですよね。

深夜にお酒飲みながらリビングでみてると楽しいやつです。

 

TENET

wwws.warnerbros.co.jp

どうしてそこまでLFE入れるの!!SWのライフはもう0よ!!ってレベルでちょっと頭おかしいサウンドデザインです。いやほんと。

規定値で出した映画館でスピーカーが無事だった映画館はいくつあるのでしょうか。

個人的に時間逆行というかタイムパラドックスとかそいう話が大好物なんです。

おじさんどうしがイチャイチャしてる友情ストーリー良いですね(悦

 

 

ワンダーウーマン1984

wwws.warnerbros.co.jp

魔女がいっぱいと悩んだんです。悩んだ理由はアンハサウェイとガルガドット、両方好きすぎて選べない、、、!!!

ただ今回の劇中ファッションの好みの僅差でワンダーウーマンを選ばせていただきました。

ひたすら4K映像で見続けるガルガドットの美しさにひれ伏していました。ガルガドットが美しすぎてあんまり内容覚えてません。僕はガルガドットを観ているだけで幸せになれます。

 

以上になりますが、今年はやはりコロナの影響で映画が少なかったですね。

ヴァイオレットエヴァーガーデンとかもあるんですが、実はまだ観てないので入ってません。観てたら入ってますね。

ロシャオヘイは吹き替えの上映が終わったら調整レポートも含めてブログにしようと思っているので入れませんでした。

007やキングスマンも延期しちゃってますし、公開してたら語りたかったですね。

 

映画館業界は色々不安なご時世ですが、頑張って行きたいと思いますね。

来年は映画館で映画を楽しめる年になるといいなぁ

 

ではまた